医用画像システム部会 提供情報
1.本委員会 提供情報
 
平成27年度医用画像システム部会成果報告会及び特別講演会
 

医用画像システム部会2015年度成果報告会と特別講演会「医療等IDとマイナンバー」を開催しました。

成果報告会及び特別講演会の様子 成果報告会及び特別講演会の様子

日時 :平成28年2月26日(金)
場所 :JIRA 会議室

成果報告会及び特別講演会の様子

■ プログラム (資料ダウンロードには一部JIRA会員ID/パスワードが必要です。)

1. 医用システム部会 成果報告会
  (1)部会長挨拶・報告(北澤部会長)PDF
    「2015年度の医用画像システム部会の活動について」
  (2)モニタ診断システム委員会(前田委員長)PDF
  (3)セキュリティ委員会(西田委員長)PDF
  (4)DICOM委員会(伊藤委員長)PDF
  (5)画像診断レポート委員会(松田委員長)PDF
  (6)新画像医療IT産業推進WG(土居主査)PDF
  (7)システム教育・広報委員会(山本委員長)PDF

2.特別講演会
   「医療等IDとマイナンバー」PDF  
   一般財団法人医療情報システム開発センター 山本 隆一様

   
平成26年度医用画像システム部会成果報告会及び特別講演会
 

医用画像システム部会2014年度成果報告会と特別講演会「医療連携における情報セキュリティと標準化の動向」を開催しました。

成果報告会及び特別講演会の様子 成果報告会及び特別講演会の様子

日時 : 2015年2月20日(金) 13:30-17:00
開催場所 : 日中友好会館 大ホール

成果報告会及び特別講演会の様子

■ プログラム (資料ダウンロードにはJIRA会員ID/パスワードが必要です。)

1. 医用システム部会 成果報告会&特別講演会
(1)部会長挨拶・報告(北澤部会長)PDF
「医療ICT化とシステム部会の活動について」
(2)モニタ診断システム委員会(前田委員長)PDF
(3)セキュリティ委員会(西田委員長)PDF
(4)DICOM委員会(伊藤委員長)PDF
(5)画像診断レポート委員会(松田委員長)PDF
(6)新画像医療IT産業推進WG(土居主査)PDF
(7)システム教育・広報委員会(山本委員長)PDF

2.特別講演会
「臨床側からみた移行性に係る画像のあり方」PDF  
社会医療法人きつこう会多根総合病院 放射線治療科 川守田 龍 技師長

   
平成25年度医用画像システム部会成果報告会及び特別講演会
 

医用画像システム部会 成果報告会と特別講演会「医療連携における情報 セキュリティと標準化の動向」を次の通り開催しました。 参加者は、ほぼ定員の50名となり盛況な報告会・特別講演会となりました。

成果報告会及び特別講演会の様子 成果報告会及び特別講演会の様子

日 時   :平成26年2月21日(金)
開催場所 :JIRA第4,5会議室

成果報告会及び特別講演会の様子

■プログラム
(資料ダウンロードにはJIRA会員ID/パスワードが必要です。)

1.医用画像システム部会 成果報告会
(1) 部会長報告(北澤部会長)PDF
「医療ICT化とシステム部会の活動について」
(2) モニタ診断システム委員会(安田委員長)PDF
(3) セキュリティ委員会(西田委員長)PDF
(4) DICOM委員会(伊藤委員長)PDF
(5) 画像診断レポート委員会(松田委員長)PDF
(6) 新画像医療IT産業推進WG(土居主査)PDF
(7) システム教育・広報委員会(山本委員長)PDF
   
2.特別講演会 「医療連携における情報セキュリティと標準化の動向」
(1) 情報セキュリティ(番号制、技術) の動向PDF
 

一般財団法人医療情報システム開発センター(MEDIS-DC) 山本隆一 理事長

(2) 地域医療連携における標準化の動向PDF
 

一般社団法人 保健医療福祉情報システム工業会(JAHIS) 吉村仁 事業企画推進室長

3.閉会の挨拶 (山本システム教育・広報委員長)
   
平成24年度医用画像システム部会成果報告会及び特別講演会
 

 医用画像システム部会 成果報告会と特別講演会「医療放射線管理の動向について」を次の通り開催しました。
参加者は、ほぼ定員の50名となり盛況な報告会・特別講演会となりました。

報告会・特別講演会の様子 報告会・特別講演会の様子 報告会・特別講演会の様子

成果報告会の資料を公開します。なお、特別講演会の資料の公開は後日となります。
(ダウンロードにはJIRA会員ID/パスワードが必要です。)

日 時   :平成25年2月15日(金) 13:00〜17:00
開催場所 :JIRA第4,5会議室
プログラム:

1.医用画像システム部会 成果報告会
(1) 開会挨拶及び医用画像システム部会成果報告(吉村部会長)PDF
(2) セキュリティ委員会成果報告(西田委員長)PDF
(3) DICOM委員会成果報告(鈴木委員長)PDF
(4) モニタ診断システム委員会成果報告(安田委員長)PDF
(5) 画像診断レポート委員会成果報告(長田委員長)PDF
(6) システム広報委員会成果報告(山本委員長)PDF
2.特別講演会 「医療放射線管理の動向について」
(1) 被ばく管理に関する海外の規約と製品の対応状況(放射線・線量委員会伊藤委員長)
(2) 放射線と被ばくの基礎知識 (放射線医学研究所 奥田先生)
   
平成23年度医用画像システム部会成果報告会及び特別講演会
 

 下記のプログラムの通りH23年度医用画像システム部会成果報告会と東北大学病院 坂本 博先生による「震災復興1年のレビュー −放射線部門を中心に−」の特別講演会が開催されました。
 参加者は、ほぼ定員の50名となり盛況な報告会・特別講演会となりました。

日 時   :平成23年2月17日(金) 13:00〜17:00
開催場所 :JIRA第4,5会議室
プログラム:


(ダウンロードにはJIRA会員ID/パスワードが必要です。)
(1) 医用画像システム部会 吉村部会長 挨拶及び発表PDF
(2) セキュリティ委員会成果報告(西田委員長)PDF
(3) DICOM委員会成果報告(鈴木委員長)PDF
(4) モニタ診断システム委員会成果報告(田中委員長)PDF
(5) 画像診断レポート委員会成果報告(長田委員長)PDF
(6) システム広報委員会成果報告(山本委員長)PDF
(7) 特別講演会「震災復興1年のレビュー −放射線部門を中心に−」
   
 
平成22年度医用画像システム部会業務報告会
 

 下記のプログラムの通りH22年度医用画像システム部会業務報告会と内閣官房 野口参事官による「どこでもMY病院」の特別講演会が開催されました。定員50名が早々に申し込み締め切りとなり盛況な報告会・特別講演会となりました。

日 時   :平成22年11月11日 13:30〜17:00
開催場所 :JIRA第4,5会議室
プログラム:

(1) 医用画像システム部会 吉村部会長挨拶及び発表
  「医療のIT化の現状と課題」PDF
(2) セキュリティ委員会(西田委員長)PDF
 
@ ISO/TC215 WG4(セキュリティ)で検討されている国際標準への対応について
A 厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に対するベンダとしての取り組みについて
B NEMA、COCIRと共同してのグローバルな医療機器セキュリティへの取り組みについて
(3) DICOM委員会(鈴木委員長)PDF
  「最近のDICOMのトピックスとJIRA DICOM委員会の活動について」
(4) モニタ診断システム委員会(田中委員長)PDF
  「モニタ診断システム委員会活動報告 -JESRA X-0093の現状と今後- 」
(5) 画像診断レポート委員会(長田委員長)PDF
  「診断レポートの構造化および相互運用可能なテンプレート作成の取り組み」
(6) システム広報委員会(山本委員長)PDF
 
@ 「システム部会のホームページ等による広報活動と渉外活動について」
A 「JIRA発行「画像診断機器産業200X」作成継続支援 について」
B 「医用画像システム部会の勉強会企画」
(7) 休憩
(8) 特別講演会「どこでもMY病院」 (内閣官房 IT担当室 野口 聡 参事官) PDF
【ダウンロードにはJIRA会員ID/パスワードが必要です。】
  「どこでもMY病院」質疑応答
(9) 閉会の挨拶(吉村部会長)
   
   
 
平成21年度医用画像システム部会業務報告会
 

 下記のプログラムの通りH20年度医用画像システム部会業務報告会が開催されました。

日 時   :平成21年10月20日 14:00〜16:30
開催場所 :JIRA第1、4会議室

プログラム :

(1) 部会長報告PDF(吉村部会長) 14:00〜14:15
  「医療のIT化の現状と課題」
(2) モニタ診断システム委員会PDF 14:15〜14:35
  「モニタ診断システム委員会活動報告  -JESRA X-0093の現状と今後を中心に-  」
(3) セキュリティ委員会PDF(西田委員長) 14:35〜14:55
 
@ ISO/TC215 WG4(セキュリティ)で検討されている国際標準への対応について
A 厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に対するベンダとしての取り組みについて
B NEMA、COCIRと共同してのグローバルな医療機器セキュリティへの取り組みについて
−休憩−
(4) DICOM委員会PDF(鈴木委員長) 14:55〜15:20
  「最近のDICOMのトピックスとJIRA DICOM委員会の活動について」
(5) 画像診断レポート委員会PDF(長田委員長)    15:30〜15:50
  「画像診断レポート委員会の新たな取り組みについて」
(6) システム広報委員会PDF(旧CyberRad対応委員会)(山本委員長代行鈴木委員) 15:50〜16:05
 
@ JRCのCyberRad委員会とは。JIRAのCyberRad 対応委員会の今後について
A JIRA発行「画像診断機器産業200X」作成継続支援 について
B 医用画像システム部会のホームページ等による広報活動について
(7) 質疑応答 16:05〜16:30
   
 
平成20年度医用画像システム部会業務報告会
 

 下記のプログラムの通りH20年度医用画像システム部会業務報告会が開催されました。

  1. 日 時   :平成20年9月26日 13:00〜17:00
  2. 開催場所 :JIRA第1、第4会議室
  3. プログラム
(1) 部会長報告(吉村部会長)
  「医用画像システムにおける相互運用性」PDF
(2) モニタ診断システム委員会
 
@ 医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン JESRA X-0093
(通称QAガイドライン)の現状と今後(田中委員長)
PDF
A DICOM規格(案) 補遺124(Communication of Display Parameters)の
規格推進について(松井主査)
PDF
(3) DICOM委員会(鈴木委員長)PDF
 
@ JIRA DICOM委員会の位置づけ、ミッションと活動状況
A DICOM規格への取り組み (拡充と普及)
B DICOM委員会の今後の予定(鈴木委員長)
(4) セキュリティ委員会(西田委員長)PDF
 
@ ISO/TC215 WG4(セキュリティ)で検討されている国際標準への対応について
A 厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」に対するベンダとしての取り組みについて
B NEMA、COCIRと共同してのグローバルな医療機器セキュリティへの取り組みについて
(5) CyberRad対応委員会(山本委員長)PDF
 
@ JRCのCyberRad委員会とは。対応サポート活動について
A JIRA発行「画像診断機器産業200X」作成継続支援 について
B システム部会のホームページ等による広報活動について
(6) JIRA監訳図書「DICOM入門」の紹介(鈴木委員長)PDF
   
   
 
平成19年度医用画像システム部会業務報告会
 

 下記のプログラムの通りH19年度医用画像システム部会業務報告会が開催されました。

  1. 日 時   :平成19年(2007年)9月27日 13:00−17:00
  2. 開催場所 :JIRA第1、第4会議室
  3. プログラム
(1) 医用画像システム部会の活動概要  吉村部会長
  「医療IT化の推進とシステム部会」PDF
(2) 各委員会の活動報告
  1)DICOM委員会PDF           鈴木委員長
 
@ JIRA DICOM委員会の位置づけ、ミッションと活動状況
A DICOM規格への取り組み
B DICOM委員会の今後の予定
   
  2)セキュリティ委員会PDF         西田委員長
 
@ 国内外のセキュリティ関連規格等への対応
A 画像医療システムに関するセキュリティ関連のガイド等の検討
B 画像医療システムに関するセキュリティ関連の情報収集と会員への周知について
   
  3)モニタ診断委員会             田中委員長
 
@ 医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン JESRA X-0093 (通称QAガイドライン)の普及(講演、Q&A作り)/メンテナンス活動について(田中委員長)PDF
A DICOM規格(案) 補遺124(Communication of Display Parameters)の提案とその規格化推進について(松井主査)PDF
  4)診断レポート検討委員会PDF      井桁委員長
  @IHE レポーティング・ワーク・フローについて
   
  5)CyberRad対応委員会PDF         山本委員長
 
@ JRCのCyberRad委員会とIHE-Jの普及推進委員会へのサポート活動
A JIRA広報委員会発行「画像診断機器産業200X」作成支援について
B システム部会のホームページによる広報活動について
   
          
   
 
医療情報システムにおける相互運用性の実証事業
   経済産業省委託事業である医療情報システムにおける相互運用性の実証事業のHPができました。

http://www.nss-med.co.jp/project/project3.html
   
 
医用画像システム部会業務報告会
   平成18年7月6日(木)13:00−17:00 JIRAにて医用画像システム部会業務報告会を開催しました。
当日のプログラムに沿って説明資料を公開いたします。

■開催日時   平成18年7月6日(木)  13:00−17:00
■開催場所   JIRA第1・第4会議室
■プログラム
  1.医用画像システム部会の活動概要PDF 吉村  13:00−13:20
  2.各委員会の活動報告  
    (1)セキュリティ委員会PDF
  (2)DICOM委員会PDF
  (3)ISO委員会PDF
  (4)モニタ診断システム委員会PDF
  (5)診断レポート検討委員会PDF
  (6)CyberRad対応委員会PDF
西田  13:20−13:40
森村  13:40−14:00
篠田  14:00−14:20
田中  14:20−14:40
井桁  14:40−15:00
山本  15:00−15:10
     
  (休憩)      15:10−15:30
     
  3.IHE−J活動についてPDF 吉村  15:30−15:50
  4.IT新改革戦略への提言についてPDF 西原  15:50−16:10
  5.今年度の活動計画についてPDF 吉村  16:10−16:30
  6.質疑応答      16:30−17:00
       
   
2.セキュリティ委員会 提供情報
 
「製造業者による医療情報セキュリティ開示書」ガイドに対応したQ&A集をを公開します
 

 「製造業者による医療情報セキュリティ開示書」ガイドが開示されてから、すでに4年が経ちます。これまでに関連セミナー等を通して読み方や解釈等様々な質問をいただいておりますが、その内容をまとめましたのでQA集として公開いたします。なお、本文書は製造業者による医療情報セキュリティ開示説明書のVer2.0に対応しております。

  ※「製造業者による医療情報セキュリティ開示書」ガイドに関するQ&A PDF 

   
最近関心が高まっているサイバーセキュリティに関して、医療機器製造販売業者に対して求められる医療機器におけるサイバーセキュリティ確保の要件について2015/10/15に説明会を開催しました。
 
説明会
     
講演者 講演者 講演者

(資料閲覧には参加者にお送りしたパスワードが必要です)

テーマ: 医療機器におけるサイバーセキュリティ確保の要件
開催日時: 2015年10月15日(木) 13:00-16:00
開催場所: JIRA事務所 第4&5会議室
講演内容:

1.開会挨拶  医用画像システム部会 北澤部会長

2.厚生労働省通知「医療機器におけるサイバーセキュリティ確保について」解説
法規・安全部会 古川部会長
PDFファイル   ・参考資料1PDFファイル   ・参考資料2PDFファイル

3.厚生労働省「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」解説
セキュリティ委員会 西田委員長
PDFファイル 

4.JESRA「『製造業者による医療情報セキュリティ開示説明書』ガイド Ver.2.0」紹介
JIRA・JAHIS合同開示説明書WG 平田主査
PDFファイル 

5.全体質問

6.閉会挨拶セキュリティ委員会 西田委員長
   
 
製造業者による医療情報セキュリティ開示説明書Ver.2.0(JESRA TR-0039*A-2015)を公開します
 

 近年の情報技術の進歩は目覚しく、社会的にも情報化の要請は一層高まりつつあります。医療情報においても、医療情報システムの導入及びそれに伴う外部保存を行う場合の取扱いに関し、個人情報保護法やe-文書法への適切な対応の総合的な指針として,厚生労働省から「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」(以下、安全管理ガイドラインと略す)が発行されています。
 各製造業者の医療情報システムのセキュリティ機能に関する説明には標準的記載方法の定めがなく、その記載レベルもさまざまであるのが現状です。このことは、医療機関内のトータルシステムの構築を担う担当組織においては、各システム間の整合性を取る際の支障であり、各医療機関で独自に策定した書式にその都度製造業者が対応することもまた、業務の効率化を妨げることにもなります。
 そこで、JIRA医用画像システム部会セキュリティ委員会は、製造業者による製品のセキュリティに関する説明を、日本での標準書式とすることを想定して「製造業者による医療情報セキュリティ開示説明書(略称:開示説明書)」を作成しました。この標準的な書式を用いることにより、製造業者と医療機関の双方にとって効率的なシステム構築が進むことを目的としています。
 本書の意図は、医療機関が医療情報システムによって送信され維持される健康情報に関するリスクアセスメントおよびリスクマネージメントを行うとき、それを支援できる重要な情報を提供することにあります。製造業者は、標準化された書式を使用することにより、自らが製造する医療情報システムのセキュリティ関連機能に関して、医療機関から情報提供を要求されたとき迅速に答えることができます。一方、医療機関は、標準化された書式の記載により、製造業者によって提供されるセキュリティ関連情報のレビューを行い易くなります。
 この文書は、安全管理ガイドライン4.2版(平成25年10月発行)に基づく開示説明書と、この書式の記入方法の解説とからなっています。また、読者の知識としては、安全管理ガイドライン(特に第6〜9章)の理解を前提にしています。Ver2.0において安全管理ガイドライン4.2版への対応と、チェックリストの項目に安全管理ガイドラインの第7〜9章のを要求事項を追加いたしました 。

  ※製造業者による医療情報セキュリティ開示説明書 PDF 

   
 
チェックリスト記入用テンプレートを作成しましたのでご活用願います。
 

  ※チェックリスト記入用テンプレート Word 

   
 
医療情報利活用における匿名化技術ガイドの公開
 

 医療の進歩のためには医療情報の利活用は不可欠です。現在の医療水準が達成されているのは、過去の医療情報の蓄積と分析、すなわち利活用が行われてきた成果です。もし医療情報の利活用が制限されるようなことがあれば、それは今後の医療の進歩を妨げるものであり、社会的利益の喪失を意味します。
 他方、患者のプライバシーを守ることは、医師に課せられた守秘義務に代表されるように、医療情報管理の必須要件です。誰しも自身の不利益になる情報の公開は望まないでしょうし、場合によっては、その患者の家族にまで影響が及ぶ可能性があります。したがって、医療情報管理には高度な安全性が要求されます。
 これら利活用と安全管理を両立させる対策として情報の「匿名化」があります。医療情報のみならずパーソナルデータを含むビッグデータの利活用の推進の上で、「匿名化」の重要性が高まっています。
 本書では、医療情報の「匿名化」に関しての社会的背景や技術的内容について解説します。

  ※医療情報利活用における匿名化技術ガイド PDF 

   
 
MDS2-2013の和訳を作成しました
 

 MDS2(医療機器セキュリティのための製造業者開示説明書)とは、米国においてHIPAA法におけるセキュリティ規則対応のため、HIMSSが2004年12月に作成、公表したテンプレート文書のことで、2013年に最新版が公開されております。
 MDS2の目的は、医療機器で管理あるいは転送される電子医療情報保護のために医療機関が電子医療情報の脆弱性とリスクの評価を行う際に、その評価作業を補助するための医療機器のセキュリティ対策情報の共通形式を提供することです。
 米国においては、MDS2は医療機器製造者により医療機器ごとに作成され、公開または医療機関からの要求により提供されることを想定しています。セキュリティ委員会にて翻訳を行いましたので、米国事情の参考情報として最新版を公開致します。

  ※MDS2-2013(英文)PDF  ※MDS2-2013(和訳)PDF

   
 
製造業者による医療情報セキュリティ開示説明書の仮訳
 

 2011年に発表した「製造業者による医療情報セキュリティ開示説明書(略称:開示説明書)」は、日本において製造業者によるセキュリティに関する開示を目的として作成されております。しかしながら、海外から製品を輸入する場合や日本の諸制度を海外に説明する場合は、日本語にて記載されている開示説明書では不十分なものでした。

 そこで、JIRA/JAHIS合同の製造業者による医療情報セキュリティ開示説明書に関するワーキングでは、海外との取引のある会員様の負担が軽減するよう開示説明書の英語版を仮訳として作成致しました。

  ※MDSfMIS_Ver1_guide_Eng.pdfPDF

   
 
リモートサービスに関するセキュリティアンケート実施結果
 

 JIRA/JAHIS合同リモートサービスセキュリティWGでは、医療機関向けのリモートサービスの実施状況を把握するとともに、リモートサービスセキュリティガイドラインの普及推進を目的として、JIRAおよびJAHISの会員様を対象に、リモートサービスに関するセキュリティアンケートを行いました。

 その集計結果と評価を報告書としてまとめましたので公開いたします。ご参考に願います。

  ※「リモートサービスに関するセキュリティアンケート実施結果」報告書PDF

   
 
製造業者による医療情報セキュリティ開示説明書(JESRA TR-0039-2011
 

 近年の情報技術の進歩は目覚しく、社会的にも情報化の要請は一層高まりつつあります。医療情報においても、医療情報システムの導入及びそれに伴う外部保存を行う場合の取扱いに関し、個人情報保護法やe-文書法への適切な対応の総合的な指針として,厚生労働省から「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」(以下、安全管理ガイドラインと略す)が発行されています。
 各製造業者の医療情報システムのセキュリティ機能に関する説明には標準的記載方法の定めがなく、その記載レベルもさまざまであるのが現状です。このことは、医療機関内のトータルシステムの構築を担う担当組織においては、各システム間の整合性を取る際の支障であり、各医療機関で独自に策定した書式にその都度製造業者が対応することもまた、業務の効率化を妨げることにもなります。
 そこで、JIRA医用画像システム部会セキュリティ委員会は、製造業者による製品のセキュリティに関する説明を、日本での標準書式とすることを想定して「製造業者による医療情報セキュリティ開示説明書(略称:開示説明書)」を作成しました。この標準的な書式を用いることにより、製造業者と医療機関の双方にとって効率的なシステム構築が進むことを目的としています。
 本書の意図は、医療機関が医療情報システムによって送信され維持される健康情報に関するリスクアセスメントおよびリスクマネージメントを行うとき、それを支援できる重要な情報を提供することにあります。製造業者は、標準化された書式を使用することにより、自らが製造する医療情報システムのセキュリティ関連機能に関して、医療機関から情報提供を要求されたとき迅速に答えることができます。一方、医療機関は、標準化された書式の記載により、製造業者によって提供されるセキュリティ関連情報のレビューを行い易くなります。
 この文書は、安全管理ガイドライン4.1版(2010.2発行)に基づく開示説明書と、この書式の記入方法の解説とからなっています。また、読者の知識としては、安全管理ガイドライン(特に第6章)の理解を前提にしています。

  ※「製造業者による医療情報セキュリティ開示説明書」PDF

■チェックリスト記入用テンプレートを作成しましたのでご活用願います。

  ※チェックリスト記入用テンプレートWordファイル

   
 
リモートサービスセキュリティガイドラインVer.2.0 (JESRA TR-0034-2010)
 

 セキュリティ委員会では、医療機関内の機器やシステムに対してネットワーク経由で遠隔から保守を行う際に、遠隔保守サービスを提供するベンダと医療機関が対応すべきセキュリティのあり方を記載したガイドラインの改訂を行いました。
 本ガイドラインは、JIRAおよびJAHIS(保健医療福祉情報システム工業会)により承認されたものであり、厚生労働省から出されている「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」の「6.8 情報システムの改造と保守」に記載された要件を踏まえて、保守ベンダが医療機関から求められるセキュリティ対策を網羅する内容になっています。
 さらに、「6.2 医療機関における情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の実践」で求められているISMSの実施における参考例として非常に役に立つ内容となっています。
 厚生労働省ガイドラインに基づいた内容のため医療機関に対する説得性も高く、本ガイドラインの内容に従ったセキュリティ対策を医療機関とベンダ双方が施すことが望ましいと考えております。
 なお、本文書はJAHIS標準(09-002)と同一の文書です。さらに、ISO/TR11633 Health Informatics - Information security management for remote maintenance of medical devices and medical information systemsとしてISO化されています。

  ※JESRA TR-0034 2010.pdfPDF

 また、JRC2004〜JRC2006におけるCyberRadで改訂前の文書について行ったプレゼンテーションの資料および講演会で使用した資料も公開いたします。ご参考に願います。

  ※RSS_CyberRad2004.pdfPDF
  ※RSS_CyberRad2005.pdfPDF
  ※RSS_CyberRad2006.pdfPDF
  ※RSS_GL_kaisetsu.pdfPDF

質問・要望等がございましたら、こちらのメールフォームからお寄せ下さい。

   
 
第38回日本放射線技術学会秋季大会第11回JIRAセミナー発表資料
「リモートメンテナンスサービスにおけるセキュリティ」
 

 2010/10/15に開催された第38回日本放射線技術学会秋季大会第11回JIRAセミナーでJIRA医用画像システム部会セキュリティ委員会から 「リモートメンテナンスサービスにおけるセキュリティ」について報告したのでその資料を掲載し、また、JIRAテクニカルレポート2010.VOL.20 NO.2から抄録としてJIRAセミナー「3.リモートメンテナンスサービスにおけるセキュリティ」もあわせて掲載しました。
  ※「リモートメンテナンスサービスにおけるセキュリティ」について発表資料PDF
  ※「3.リモートメンテナンスサービスにおけるセキュリティ」PDF

 リモートサービスセキュリティガイドラインVer.2.0 (JESRA TR-0034-2010)をわかりやすく解説しておりますので参照ください。

   
 
MDS2(Manufactures Disclosure Statement for Medical Device Security) 日本語版
   MDS2(医療機器セキュリティのための製造業者開示説明書)とは、米国において、HIPAA法におけるセキュリティ規則対応のため、HIMSSが2004年12月に作成、公表したテンプレート文書のことで、2008年10月にNEMA標準となっています。

 MDS2の目的は、医療機器で管理あるいは転送される電子医療情報保護のために、医療機関が電子医療情報の脆弱性とリスクの評価を行う際に、その評価作業を補助するための医療機器のセキュリティ対策情報の共通形式を提供することです。

 米国においては、MDS2は医療機器製造者により医療機器ごとに作成され、公開または医療機関からの要求により提供されることを想定しています。

セキュリティ委員会で翻訳を行いましたので、米国事情の参考情報として公開いたします。

  ※MDS2翻訳版PDF
  ※MDS2原文PDF

   
 
SPC(The Joint NEMA/COCIR/JIRA Security and Privacy Committee)白書 日本語版
(最新更新日2009/11/17)
 

 SPC白書とは、日本、米国、欧州の医療機器工業会が合同で設立している情報セキュリティとプライバシー保護に関する委員会(SPC)が作成し、公表している文書のことです。
 以下のURLで公開されています。
 外部ページ http://www.medicalimaging.org/joint-security-and-privacy-committee-2/

 これらの文書は、各国で医療情報セキュリティに対して法的に要求される事項への対応や、合理的かつ適切な手段の実装の提案を目的にして作成されました。

 

タイトル 発行年月 文書
1

Defending Medical Information Systems Against Malicious Software

医療情報システムにおける有害なソフトウェアに対する防衛

December
2003
PDF

有害なソフトウェア(Malicious Software:ウイルス等)に対する防衛策を概説したもの

2

Break-Glass An Approach to Granting Emergency Access to Healthcare Systems

ブレークグラス:医療システムへの緊急アクセスのためのアプローチ

December
2004
PDF

非定常状態のシステム運用における可用性保証策について記述したもの

3

Remote Service Interface - Solution (A) - Version 2: IPSec over the Internet UsingDigital Certificatesリモートサービスインターフェース−解決策(A)−Version 2:電子署名を使ったインターネット上のIPSec

December
2003
PDF

リモートメンテナンスセキュリティへの対策としてIPSecでのVPNを利用する例を紹介したもの

4

Patching Off-the-Shelf Software Used in Medical Information Systems

医療情報システムへの市販ソフトウェアのパッチ

October
2004
PDF

市販(Commercial-Off-the-Shelf)ソフトの更新(Patches)に対しての、ユーザとベンダへの注意をまとめたもの

5

Management of Machine Authentication Certificates

機器認証証明書のマネジメント

May
2007
PDF

PKI環境に無いケースでの公開鍵暗号方式を用いた機器認証について書かれたもの

6

Information Security Risk Management for Healthcare Systems

医療機器の情報セキュリティリスクマネジメント

October
2007
PDF

医療機器における情報セキュリティマネジメントの必要性と手順について述べたもの

7

Remote Services in Healthcare-Use Cases and Obligations for Customer and Service Organizations

保健医療における遠隔サービス – 使用事例並びに顧客及びサービス機関の責務

September
2008
PDF

リモートサービスにおけるユースケース例を示し、セキュリティ及びプライバシー要求事項への製造業者の対処方法を示したもの

   
 
2007年8月27-29日 ISO/TC215 WG4へのJIRA参加報告
 
2007年8月27-29日、オーストラリア・ブリスベンでISO/TC215(Health Informatics)のWorking Group Meetingが開催され、セキュリティ委員会から1名がWG4(Security)に参加しました。
WG4では、現在、ソフトウェアのリスクマネジメント、CEN(欧州標準化委員会)で制定されたEHR(Electronic Health Records)のやりとり時のセキュリティ、監査証跡や長期保管などのセキュリティインフラなどに関する標準が検討されています。
日本からも、JAHIS(保健医療福祉情報システム工業会)と共同で作成した「リモートサービスセキュリティ(RSS)ガイド」および「RSSガイドライン」をTechinical Reportとして提案中です。
ソフトウェアのリスクマネジメントなどベンダに直接影響のある標準が検討されており、JIRAとして積極的に関与していく予定です。
   
3.DICOM委員会 提供情報
   
 
JJ1017 Ver.3.2公開について (2011/10/6)
 

JJ1017 Ver.3.1に放射線治療に関連するコードが増え、Ver.3.2として公益社団法人 日本放射線技術学会から公開されました。
  別ページJJ1017 Ver.3.2

   
JJ1017 Ver.3.1公開について(2010/4/2)
 

 JAHISとJIRAは DICOMの「予約情報管理(補遺10:MWL)」および「検査実施情報(補遺17:MPPS)」を日本の医療機関での使用にも適う様に拡張を求め、JJ1017 V1.0 を策定しました。
 その後2008年度〜2009年度で改訂作業(放射線治療の分野での 検査種別・手技・部位 の追加)を行い、JJ1017Ver.3.1として公開することとなりました。

1) HIS, RIS, PACS-モダリティ間予約, 会計, 照射録情報連携 指針(JJ1017 指針V3.1)PDF
2) 別表A.1, A.2: 手技コード(部品、大分類、小分類) PDF
3) 別表B, C: 部位コード(部品および完成コード) PDF
4) 別表D: 構造PDF
  D1・体位PDF
  D2・入射撮影方向PDF
5) 別表E.1, E.2, E.3: 詳細体位PDF
  特殊指示PDF
  核種PDF
6) 別表F: 頻用コード
  放射線検査PDF
  超音波検査PDF
  放射線治療PDF
   
今回、PS3.5の和訳を2008年版に入れ替えました。さらにPS3.18の後ろにSupplement(補遺)96の和訳を追加しました。(2009/1/19)
  Supplement96 はUPS(Universal Procedure Step)という新しい概念をDICOMに定義する補遺です。
これを用いると従来対応できなかったSCPからの情報伝達が可能となります。
Supp.96はいろいろな応用が考えられますが、現在JIRAが中心となって提案している Supp.124のほかにも 検査予約情報のPushなども考えられ、ここに翻訳を提供するものです。
   
DICOM規格最新英語版/翻訳版を掲載しました
 

 ここに掲載した翻訳資料は、日本国内で利用される関係者の理解の一助となるように、JIRA DICOM委員のボランティア活動により作成したものです。あくまでも翻訳資料は規格の理解を助けるための参考資料との位置づけとなります。ご利用の際には原文と合わせてお使いください。また、翻訳資料をご利用される場合は、以下の点にご注意ください。
 DICOM規格は,利用者,供給者,関心のある団体などからの提案および批評により,評価され、米国NEMAのDICOM委員会で適宜更新されます。このため、翻訳資料は新版ではありません。最新版が必要な場合は、原文を入手してください。

→詳しくはこちらのページをご参照ください。

   
 
2007年6月29日 DICOM Standard CommitteeへのJIRA参加報告
 
2007年6月29日、ドイツベルリンのDRG(Deutsche Rontgengesellschaft)事務所にてDICOM Standard Committeeが開催されました。
下部WGからの作業進捗報告、新メンバーの加入審議、DICOM規格追加修正の審議及び各国DICOM組織の活動報告などが行われました。
JIRAとして、審議に対する投票権の行使、および日本の活動内容(規格の和英&英和翻訳現状、コネクタソンJの結果報告他)を報告しました。
詳細は、JIRA会報 2007.9 No.181号を参照願います。
   
 
2005年9月のDICOM Conferenceの資料の和訳を掲載しました
 

 DICOMは、1993年に現在の形ができてから10年以上が経過しています。画像あるいは画像検査に関わる情報の交換規約として、今や無視できない標準となっていますが、その複雑さ故に、それぞれの利用者が完全に理解しているわけではないとも言えます。理解を助ける資料は、多ければ多いほどよいというのも事実だと思います。

 DICOMは、DICOM Standards Committee(DICOM標準化委員会と、日本語で呼ぶのが相応しいと思います)は2年に一度、DICOM Conferenceを開催しDICOMのなんたるかを解説し、またDICOMの今後に影響を与えるかも知れない技術について議論する機会を設けています。2005年は、9月にハンガリーのブダペストにおいて2日に亘り開催しています。そこで、第1日目に報告された資料はDICOMのなんたるかを理解するのに、非常によいものが提供されました。JIRAのDICOM委員会では、この資料を日本語に翻訳し、DICOMに関心を持たれる方々に提供することに致しました。

 必ずしも適切な翻訳ができていない場合もあるかも知れませんが、皆様に資料を提供し、DICOMの理解に役立てていただければ幸いかと思います。翻訳は、できるだけ対訳の形で行いましたが、原本との比較ができた方がよいだろうとの委員会からの意見もあり、DICOM標準化委員会の事務局であるNEMA(National Electrical Manufacturers Association、アメリカ電気機器工業会)の承認を得て、このホームページからオリジナルの資料のあるWebサイトへリンクを張ることにいたしました。併せて参考にしていただければと思います。
 尚、本件へのご意見・ご質問はこちらのメールフォームよりお願いいたします。

  和文 英文 (NEMA オリジナル資料)
プログラム PROGRAM_DICOM_2005_International_Conference.pdfPDF
B11 B11 Basic DICOM Concepts.pdf PDF B11_Simon_BasicDICOMConcepts_v1.pdf PDF
B12 B12 DICOM Exchanging Imaging Data.pdf PDF B12_Solomon_Exchanging Imaging Data_v3.pdf PDF
B13 B13_Managing Acquisition Workflow.pdf PDF B13_O'Donnell_Workflow_v1.pdf PDF
B14 B14_Consistent Presentation of ImagesClaeys.pdf PDF B14_Claeys_Consistent Presentation of Images_v2.ppt Power Point
B15 B15__SR_Applications.pdf PDF B15_Leontiev_SR_Applications_v1.pdf PDF
B16 B16_Post-Processing and Reporting.pdf PDF B16_Loef_PostProcRepWrkflw_v1.pdfPDF
B17 B17 DICOM_Security.pdf PDF B17_Tarbox_DICOM%20Security.pdf PDF
B20 B20 Real Use of DICOM in the Domains.pdf PDF B20_Mildenberger_RadiologyNMMammoEtc_v1.pdfPDF
B30 B30_Winfield_Oncology_v1_2-2.pdf PDF B30_Winfield_Oncology_v2.pdf PDF
B40 B40_DICOM in Pathology.pdf PDF B40_Beckwith_Pathology_v1.pdf PDF
B50 B50_DICOM in_Cardiology.pdf PDF B50_Solomon_Cardiology_v1.pdf PDF
B60 B60_Digital Imaging & Communications in Dentistry.pdf PDF B60_Farman_Dentistry_v2.pdf PDF
B90 B90_VanSyckle_Conformance_J.pdf PDF B90_VanSyckle_Conformance_v1.1.pdf PDF
   
 
JJ1017 バージョン3.0 公開します。
 
1) JJ1017指針バージョン3.0 本文 Word
JJ1017VER3 (English) Word
2) 別表A.1, A.2: 手技コード(部品) EXCEL
Annex A1,A2 (English) EXCEL
3) 別表B, C: 部位コード(部品および完成コード) EXCEL
Annex B,C (English) EXCEL
4) 別表D: 撮影方向コード(部品) EXCEL
Annex D (English) EXCEL
5) 別表E.1, E.2, E.3: 詳細体位、特殊指示、核種(部品) EXCEL
Annex E1,E2,E3 (English) EXCEL
6) 別表F: 頻用放射線検査コードおよび頻用超音波検査コード EXCEL
Annex F (English) EXCEL
   
4.モニタ診断システム委員会 提供情報
   
 4.1 QAガイドライン 2010年版 
 
医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン(JESRA X-0093*A-2010)
   モニタ診断システム委員会では、「医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン(JESRA X-0093-2005)」を改定し、「医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン(JESRA X-0093*A-2010)」(以下QAガイドライン2010年版と略)作成しました。
 広く使って頂く為にホームページで公開致します。今後当委員会では、QAガイドライン2010年版の啓発活動を行っていく予定です。
 質問・要望等がございましたら、こちらのメールフォームよりお寄せ下さい。

  ※医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン(JESRA X-0093*A-2010)PDF
   
 
QAガイドライン2010年版の英訳
   海外への啓発を目的にモニタ診断システム委員会で、QAガイドライン2010年版の英訳を行いました。
 質問・要望等がございましたら、こちらのメールフォームから御願いいたします。

  ※医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン (JESRA X-0093*A-2010英語版)PDF
   
 
運用上の注意事項
   モニタ診断システム委員会で、QAガイドライン2010年版の運用上の注意事項を纏めました。
 質問・要望等がございましたら、こちらのメールフォームよりお寄せ下さい。


  ※運用上の注意事項 attentionV2.0.pdfPDF
   
 4.1−1 テストツール 
 
QAガイドライン2010年版のテストツール
 

 QAガイドライン2010年版の受入試験・不変性試験を行うための、マニュアル・テストパターン・基準臨床画像・CHEST-QCパターン・試験結果報告書を公開いたします。
 使用に際しては、マニュアルに書かれている「使用にあたっての責務」を了解して頂く事が条件となります。
 質問・要望等がございましたら、こちらのメールフォームよりお寄せ下さい。

※マニュアル
Manual_v1.6.pdfPDF
※テストパターン(BMP)
1MH_v1.3.zip 1MV_v1.3.zip 2MH_v1.3.zip 2MV_v1.3.zip
3MH_v1.3.zip 3MV_v1.3.zip 5MH_v1.3.zip 5MV_v1.3.zip
※テストパターン(DICOM)
1MHD v1.1.zip 1MVD v1.1.zip 2MHD v1.1.zip 2MVD v1.1.zip
3MHD v1.1.zip 3MVD v1.1.zip 5MHD v1.1.zip 5MVD v1.1.zip
※基準臨床画像
JRS-CHEST.zip
※CHEST-QCパターン
JIRA-CHEST-QC.zip
※試験結果報告書
Report_v1.2.1.zip
注1: .zipファイルは圧縮ファイルです。解凍してご使用下さい。
注2: BMPテストパターンを解凍するとBitmapファイルに、
DICOMテストパターン、基準臨床画像とCHEST-QCパターンを解凍するとDICOMファイルに、
試験結果報告書を解凍するとExcelファイルになります。
DICOMファイルを開くときにはDICOMビューワが必要ですのでご注意下さい。
注3: テストパターンには、解像度ごとにJIRA-TG18-QC、JIRA-TG18-UNL80、JIRA-TG18-UN80、JIRA-TG18-LN8-01〜18、JIRA-BN8-01〜18の各パターンが含まれます。
   
 4.2 啓発活動 
 
2015/12/24 DIN 6868-157の和訳を公開します。
 

ドイツ規格協会(DIN)から発行されたDIN 6868-157:“ Image quality assurance in diagnostic X-ray departments – Part 157: X-ray ordinance acceptance and constancy test of image display systems in their environment”を和訳したので公開します。
なお 会員限定での利用といたします。

DIN 6868-157_JIRA和訳201512 (会員限定)PDF (2015.12 発行)

   
2013/10/26 開催 モニタ精度管理セミナー 主催:公益社団法人 日本診療放射線技師会(JART)
 

 モニタ診断システム委員会は、JART会員を対象にJARTと共同でモニタ精度管理セミナーを開催しました。講師には名古屋大学医学部保健学科 津坂准教授をお招きし、医用モニタの基本的なことについてご講演頂きました。当委員会のメンバーからはQAガイドラインの説明やモニタ品質管理実態調査の報告などを行いました。受講者には、会場内に設置されたモニタで、ヒヤリハット事例やモニタ品質管理をグループごとに体験して頂きました。受講者の評判は良く、申込みも早めに定員に達するほど盛況で、続けてほしいとの要望もあることから、今後も開催していきます。

日 時 :平成25年10月26日(土) 12:55〜17:00
開催場所:日本診療放射線技師会 講義室(東京都港区浜松町2-4-1)

   
JART-JIRA共同 「モニタ品質管理」調査結果
 

モニタ品質管理に関する実態調査を公益社団法人日本診療放射線技師会 (JART)と一般社団法人日本画像医療システム工業会(JIRA)と共同でアンケートを 実施しました。
その結果をお伝えします。

第2回調査結果 ヒヤリハットを減らすにはPDF (2015.4 発行)
モニタ品質管理に関する実態調査結果PDF (2014.4 発行)
JART・JIRA共同アンケート結果速報PDF   (2013.4 発行)

   
QAガイドラインの紹介記事
 

・ 「医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン(JESRA X-0093)と IEC規格(IEC 62563-1)との関係について」 JSRT_8.2013.pdfPDF
 この記事は日本放射線技術学会様から出版されている「日本放射線技術学会雑誌2013年8月号」に掲載されたものです。

・ 「医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン(JESRA X-0093)の紹介」 JART_1.2013.pdfPDF
 この記事は日本診療放射線技師会様から出版されている「JART 2013年1月号」に掲載されたものです。

・ 医用画像表示用モニタに関する標準化の動向と推進 −JIRAの取組み−  Monthly_display_1.2013.pdfPDF
 この記事は株式会社テクノタイムズ社様から出版されている「月刊ディスプレイ2012年11号」に掲載されたものです。

「品質管理の徹底が進めるフィルムレス運用  医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン(QAガイドライン)「JESRA X-0093*A-2010」の改定内容の紹介」 Shiniryou_9.2010.pdfPDF
この記事は(株)エムイー振興協会様から出版されている「新医療2010年9月号」に掲載されたものです。

「JESRA X-0093改定のポイント」  Innervision_8.2010.pdfPDF
 この記事はINNERVISION誌様から出版されている「INNERVISION誌2010年8月号」に掲載されたものです。

「医用画像表示用モニタの品質管理に関するガイドライン JESRA X-0093*A-2010について」
  JSRT_8.2010.pdfPDF
 この記事は日本放射線技術学会様から出版されている「日本放射線技術学会雑誌2010年8月号」に掲載されたものです。

「ここがポイント!モニタ品質管理ガイドライン」  Innervision_3.2008.pdfPDF
 この記事はINNERVISION誌様から出版されている「INNERVISION2008年3月号」に掲載されたものです。

JIRAの「モニタの品質管理規格ガイドライン」について Shiniryou_9.2006.pdfPDF
 この記事は(株)エムイー振興協会様から出版されている「新医療2006年9月号」に掲載されたものです。

モニタの品質規格ガイドライン(JIRA)について Innervision_4.2006.pdfPDF
 この記事は(株)インナービジョン様から出版されている「インナービジョン2006年4月号」に掲載されたものです。

医用モニタの受入試験、不変性試験のガイドライン RadFan_12.2005.pdfPDF
 この記事は(株)メディカルアイ様から出版されている「RadFan2005年12月号」に掲載されたものです。

モニタ導入から維持・管理まで Rinsho_2005.pdfPDF
 この記事は金原出版(株)様から出版されている「臨床放射線2005年特集号」に掲載されたものです。

医用モニタの精度管理 Shiniryou_9.2005.pdfPDF
 この記事は(株)エムイー振興協会様から出版されている「新医療2005年9月号」に掲載されたものです。

   
5.システム教育・広報委員会 提供情報
2016/08/30 医用システム部会・中小IT産業振興委員会共催 夏の勉強会
 
勉強会の様子 勉強会の様子
   
講演者 講演者 講演者

2016/08/30に医用システム部会・中小IT産業振興委員会共催で開催された 夏の勉強会「人工知能の医療への応用」 の参考資料を参加者の方に公開します。
東京の2会議室、関西のサテライトを結んだ講演で多くのご参加を頂きました 。

(資料閲覧には参加者にお送りしたパスワードが必要です)

テーマ: 人工知能の医療への応用
開催日時: 2016年8月30日(火) 13:30-17:15
開催場所: JIRA事務所 第4&5会議室、同 第2&3会議室、
クライムメディカル(株)様 会議室
講演内容:

1. 開会の挨拶
 医用システム部会 部会長 土居篤博

2:.次世代ヘルスケアの創出PDFファイル
 経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課長 江崎 禎英 様

3. ディープラーニングの医用画像への応用PDFファイル
 電気通信大学 大学院情報理工学研究科 教授 庄野 逸 様

4. 人工知能の医療への応用事例PDFファイル
 日本アイビーエム(株) コグニティブ・インダストリーソリューション事業部
 小林俊夫 様

5. 討論

6. 閉会の挨拶 JIRA 中小・IT産業振興委員会 委員長 佐藤公悦

   
2015/08/28 医用システム勉強会
 
2015/08/28 医用システム勉強会
     
講演者 講演者 講演者

2015/08/28に開催されたH27年度 医用システム部会と中小企業・IT産業振興委員会共催の 「ヘルスソフトウェアの国内外の動向」についての勉強会の資料を参加者の方に公開します。
有料にも関わらず、タイムリーなトピックに大勢の参加者がありました 。

(資料閲覧には参加者にお送りしたパスワードが必要です)

テーマ: ヘルスソフトウェアの国内外の動向
開催日時: 2015年8月28日(金)  13:30-17:00
開催場所: JIRA事務所  第4&5会議室
講演内容:

1.開会の挨拶 医用システム部 北澤部会長 PDFファイル

2.「モバイルメディカルアプリ:欧米の事例から見えること」
 公益財団法人医療機器センター 主任研究員 鈴木孝司様PDFファイル

3.「PCHAの取り組みと最新情報」
 パーソナル・コネクテット・ヘルス・アライアンス(PCHA)
 日本地域委員会代表 田上信介様(20150828JIRA PCHA PDFファイル

4.「GHSの取り組み:開発ガイドラインと自主宣言の普及にむけて」
 ヘルスソフトウェア推進協議会(GHS) 運営会議議長 土居篤博様PDFファイル

5.全体質問     システム教育・広報委員会委員長   山本裕

6.閉会の挨拶   中小企業・IT産業振興委員会委員長  佐藤公悦

   
2014/08/29 医用システム特別講演会
 
講演者 講演会全景

2013/8/29に開催されたH26年度医用画像システム部会勉強会[医薬品医療機器等法施行に合わせた開発に必要となる技術知識]を公開します。
有料にも関わらず100名以上のご参加があり、活発な質疑がありました。 アンケートにお寄せいただいたご意見(会場が狭い・スクリーンが見にくいなど)は次回講演会に反映させていただきます。

(ダウンロードにはJIRA会員ID/パスワードが必要です)

テーマ: 医薬品医療機器等法施行に合わせた開発に必要となる技術知識
サブタイトル:ソフトウェア開発に必要なIEC62304/82304の理解
開催日時: 2014年8月29日(金) 13:30〜17:00
開催場所: 飯田橋レインボービル 1F C・D会議室
講演内容:

1.本講演会の位置づけ JIRA画像医用システム部会 部会長 北澤成之 PDFファイル

2.医療用ソフトウエア法規制の海外動向 公益財団法人医療機器センター 中野壮陛様PDFファイル

3.IEC62304のポイントとIEC82304の動向 JIRA画像医用システム部会 幹事 飯島直人様 PDFファイル

参加資格: JIRA会員企業及び非会員企業
参 加 費 : 有料
   
 
2012/9/12 開催 医用画像システム部会勉強会
 
勉強会の様子 勉強会の様子

2012/9/12に開催されたH24年度医用画像システム部会勉強会「非放射線画像と放射線治療のシステム化」の資料を公開します。(ダウンロードにはJIRA会員ID/パスワードが必要です)

テーマ: 非放射線画像と放射線治療のシステム化
   ― 内視鏡・顕微鏡・波形データ・放射線治療などの最新動向 ―
開催日時: 2012年9月12日(水) 14:00〜17:00
開催場所: JIRA 第4,5会議室
講演内容: 1.「内視鏡・病理分野の画像とシステム化」 サクラファインテックジャパン 近藤恵美 氏
    内視鏡・病理分野の基礎知識と画像、システム化の現状と標準化動向PDFファイル
2.「波形データのシステム化」       日本光電 田中雅人 氏
    心電図表示の基礎知識と標準化作業の動向PDFファイル
3.「放射線治療の最新動向」        千代田テクノル 四方田章裕 氏
    放射線治療分野における基礎知識と最近の技術&規格動向についてPDFファイル
参加資格: JIRA会員企業
参 加 費 : 無料
定 員 : 先着50名まで
申込み: JIRA蓑島(minoshima@jira-net.or.jp)まで、企業名・参加者名をメールで連絡願います。
   
2011/3/4開催 医用画像システム部会勉強会
 
勉強会の様子 勉強会の様子

2011/3/4開催されたH22年度医用画像システム部会勉強会資料「地域医療の今昔:医療連携へ向けてのIT導入プロセス」を公開します。(「画像診断レポートの標準化と利用に関する最近の動向」は会員向け公開)

日時: 2011/3/4(金)14:00〜17:00
場所: JIRA第4,5会議室

プログラム

(1)「画像診断レポートの標準化と利用に関する最近の動向」PDFファイル
  画像診断レポート委員会 長田雅和 委員長
  (※ダウンロードにはJIRA会員ID/パスワードが必要です)

(2)「地域医療の今昔:医療連携へ向けてのIT導入プロセス」PDFファイル
  ひがしやま病院  岡崎宣夫 先生
  (岡崎宣夫先生は2011/7/10に永眠されました。謹んでご冥福をお祈りいたします。)

   
6. 画像診断レポート委員会 提供情報
 
現在、提供情報の掲載はありません。

   
7. 新画像医療IT産業推進WG 情報提供
 
新画像医療IT産業推進WGの発足(2013年4月)について
 

従前、政策企画会議の下に設置されていた画像医療IT産業推進WG(略称:IMIT-WG)では、行政関係省庁への意見出し、および「JIRA画像医療システム産業ビジョン」策定とJIRAの取組み課題の検討を進めてきた。2013年度は更なる画像医療IT関連分野の産業育成、発展を目指すため、課題を整理・深堀しJIRAとしての提言を作成することを目的に、新たに以下のように体制を立ち上げ、活動を開始した(2013年4月発足)。

(1) IMIT―WGを政策企画会議の下から医用画像システム部会の下へ移す。
(2) 名称を「新画像医療IT産業推進WG(略称:新IMIT-WG)」へ変更する。
(3) サブワーキンググループ(SWG)及び取り組む課題を以下の3つに再設定する。(委員は公募)

  • SWG1:医療用ソフトの取り扱い
  • SWG2:地域連携
  • SWG3:医療情報の利活用

 

医療用ソフトウェアに関する研究会(経産省)の報告書
 

JIRA及び関連工業会が参画して開催された研究会の報告書を掲載します。

平成25年度
・医療用ソフトウェアに関する研究会中間報告PDFファイル 
・医療用ソフトウェアの関連調査結果 PDFファイル

平成26年度
・医療用ソフトウェアに関する研究会報告PDFファイル

 

   
   
 
 
 PDFファイルをご覧頂くにはAcrobat Reader 4.0以上が必要です。(無料)
 お持ちでない方は、上のアイコンをクリックして、ダウンロードページへ行って下さい。
 
▲ページ先頭へ
【医用画像システム部会 トップページに戻る】